良い日、ころころ

良い日には旅立たずに転がっています

平成最後の夏、おわりましたね

     平成最後の夏、おわりましたね。涼しくなりましたね。平成最後って言われると、僕は平成元年生まれだから、感慨深いような、でも、別にだからなんなんだろ、っていうような、複雑な気持ち、もはやどこか、居心地の悪い気持ちにすらなります。勝手に時代を区切って盛り上がられても、僕の暮らしぶりの変化と相関がないし。

     今年が平成最後の夏になったのは、このまえ、今上天皇が引退したいなあ、っておことばを述べたからであり、我々が平成最後の夏を「 #平成最後の夏 #海 #花火 #ありがとう平成 」みたいに平和ボケしたエモい感じでカウントダウンできるのは、平成の終わりが今上天皇崩御を意味しないからですよね。昭和のおわりが自粛ムードに包まれたって話と比べるとえらい違いだと思います。もはや、年号の切り替えは東京オリンピックの前座、みたいな空気すらあるし。平成最後の夏のユルさ半端ない。ひしめき合うサブカルチャーサブカルチャーカルチャー。そしてはじまる平成最後の秋と冬と春。やはり、だからなんなんだという気持ちと、エモさが混在して、目が回りそうです。平静を保って過ごしたいと思います。

     西暦もいつか終わるのかな。この夏に見に行った縄文展では、日本の縄文時代は紀元前2000年か3000年から始まって、紀元前何百年まで続くって言ってた気がするよ。長いねえ、縄文時代ローマ帝国より江戸幕府より長いよ。千年以上あるなら、意外と僕たちと変わらない水準の生活をしていたのかな? それとも、僕たちの生活って何十億年と人類史が続いてもなかなかないような異常なものなのかな? 健康で文化的な最低限度の、異常な生活。そう、昭和と違って平成は、モノで溢れた豊かな時代だからね。うふふ。豊かさと引き換えに失われた人々の繋がり……うふふ。でもそれって誰が豊かになったのかな? いや僕もそこそこ豊かですけどね。猫と夜中にこんなブログを更新できるくらいは。しかし、平成っ子の生活は、いつダメになるかわからない、薄氷のうえの泥舟ライフ。年金がほしい(唐突)。

    平成最後の夏が終わり、平成最後の秋と冬がやってきます。エモくてもエモくなくてもいいんです。地を這って現実を生きましょう。

    かといって、平和な日常を礼賛するつもりもないぜ。おれたちはこれから、奪われた分を取り返してやるのさ。誰から? いまドキッとしたそこのお前、お前のあったかい懐からさ!

    そしたらみんなで焼肉に行こう! とりあえずビール! でもこんな繰り返しもうんざりだから、平成が終わったら、みんなで見たこともないようなヒュッゲしよう。ありがとう未来。

    これからは、AIともドローンとも仲良くやっていくつもりだよ。うまくいくといいな。